FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍道戒その7(三章)

隠しEDのストーリー
(主に戒劇場のセリフメイン)を
書き出しています。
イベント名→紫色
過去の記憶→青色
オンジの手紙→緑色
※矢文はストーリーに関わるもののみ

※プレイ日記ではありません。
※激しくネタバレしてますのでご注意ください。



■第三章 
因果の道標 業の旅路



【喪巣の企み】

神社にて。

キヌに変装した揚羽

「どや?完璧ちゃうのん?」

薄羽
「うん。いけてるいけてる。
さすが姉ちゃんや。」

「これであのクソ鴉に近づいて・・」

薄羽「近づいて・・」

揚羽 薄羽の首をしめながら

揚羽&薄羽「ぎゅ~っ」

薄羽「って、・・・・・・苦しい。」



薄羽「・・・どう?」

揚羽「え?」

薄羽「・・・ちち」

揚羽「ちち?」

薄羽「・・・乳!」

揚羽「見る?」

胸元を少し開いて見せる。
それを覗き込む薄羽。


「ごっついな・・・。」


__________________
隠れ家に矢文が届く。

■オンジからの手紙
「魂の欠片のしくみ」

魂の欠片というのは、
まこと不思議なものじゃ。
わしが調べたことをまとめておく。
魂の欠片は、おぬしが過去に
見聞きしたことの結晶じゃ。
これは誰でもそれを
のぞき見ることができる。
見たからといってなくなるわけではない。
例え、おぬしが見たとしてもじゃ。
あまり小さい欠片では
過去を見ることはできないようじゃ。
最初にわしが見つけた欠片の
そばに小さな破片もあったのじゃが、
それをのぞいてわかったことじゃ。
また、欠片自体は生あたたかいが、
欠片から立ち上る湯気は
不思議と冷たいのは
おぬしも知っておろう。
あのぬめぬめとした手触りと
心地よい弾力には、なんとも
例えがたいものがあるのう。
実は、物は試しと、
なめてみたことがあるのじゃが、
なんというか、その、
水車?のような味がしたのには驚いた。
それから、庭先においておくと、
鳥が恐れてよってこなかった。
いや、意外な使い道も
あるもんじゃのう。


_______________

【毛伸の誓い】

33kenobinotikais.jpg

亡き蛇蜻蛉の墓石を用意した渦虫。
その墓の前で拝みながら語りかける。

「あんた・・・感じ悪いヤツだったけど
嫌いじゃなかったべよ。」

ぐらつく墓石。
慌てて手で支え直す渦虫。

「仇は討ってやっかんなぁ。」

そう誓いの言葉を述べ
墓石に背を向ける。

が、その拍子に
渦虫の引きずっている鉄塊の武器が
墓石をはじき飛ばす。

しかし気付かないまま
去ってゆく渦虫。

____________________

任務直後 
ザジに再び襲撃されるゴウ。


【ザジ再び・前】

ゴウ「ザジ 聞いてくれ!」

ザジ「問答無用!!」

【ザジ再び・後】

ザジと刃を交える。

ゴウ「ザジ もうやめよう・・。」

両者とも膝をつく。

ゴウ「頼む・・・話を聞いてくれ。」

ザジ「次は斬る!!」

煙玉で視界を阻み
姿を消すザジ。

_____________

隠れ家に矢文が届く。

■一条からの手紙
「一条家の新城落成が近い」

かねてより完成を急がせていた
わが城がようやく完成の運びとなった。
城の自慢は鯱(しゃちほこ)だ。
わしもまだ見ておらんが、
なにやら珍しい宝玉
使われているらしい。
完成の折には、見にくるがよかろう。

_____________

大名からの光る石の情報と
任務がもたらされ

7つ目の光る石を入手するゴウ。

過去の記憶が映し出される。

飛鳥の里襲撃時。

ザジ
「どういうことだ・・・
これはどういうことだ!ゴウ!!」

我無乱によって
片目を負傷し絶叫するザジ。

その後。

「御大将!」と叫ぶゴウの視線の先に
深手を負い倒れる飛鳥忍者の首領
大鷲のタイガの姿が・・。


タイガ「飛鳥はもう終わりだ。
・・・頼む。禁術を守れ。
お前なら大丈夫だ。
ワシの大事な・・・・・。」

言い終わらぬ内に息絶える。

ゴウ「御大将!!」



タイガに託された禁術を探すゴウは
鏡台の引き出しから 
その巻物を見つけ出した。

34takusaretakinnjutu02s.jpg

巻物を開き
目を通すゴウ。

しかし その背後に我無乱が現れる。

我無乱「よこせ。」

ゴウ「貴様・・・これが狙いか。」

巻物を手に逃れようとするが
我無乱に行く手を阻まれる。

ゴウ「貴様に渡すくらいなら。」
咄嗟に巻物を
燃え盛る炎の中へ
投げ入れる。


我無乱「愚かな・・・。」
ゴウの頭をわしづかみ

「ここにあれば十分だ。」
と呟き 呪文を唱え始める。

ゴウ「やめろ・・・・。」



現実に戻るゴウ。
「奴の狙いは あの禁術・・・・。
それで俺の魂を抜いた!
・・・・・奴より先に魂の欠片を
見つけなければ。」




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。